結婚相談所親しいきずなの本真

TOP >> 結婚の報告の例文密接なきずなの真性

結婚の報告の例文密接なきずなの真性

結婚の報告の例文密接なきずなの真性

●お見合いパーティの服装なのですが・・
お見合いパーティの服装なのですが・・近々、お見合いパーティに行くことになりました。そこでお見合いパーティに行かれた方に質問です。服装なのですがやはりスカートのほうがよいでしょうか?普段パンツしかはかないので、かなり違和感があります。パンツだときつい印象になりそうだし、思い切ってスカートにしたほうがよいのでしょうか?
続き
---

●お見合いをして仲人さんを通して、相手の男性のお父様に叱られました。悪い事をし....
お見合いをして仲人さんを通して、相手の男性のお父様に叱られました。悪い事をした、と思いますが、『そんなに悪役じゃ』と思いました。何処がそんなに悪かったのでしょう。皆さん、教えて下さい。寺を父親から継ぐ方で、わたしの6つ上の方でした。僧侶になる大学まで行った方ですが、勉強が嫌いで、学校の話題は出さないように言われました。それなのに、初回に、つい私が修学旅行の話などをしたばかりに、その人を傷つけてしまったそうです。《虐められたわけでないし、そんなに愉しいと言う訳ではなかったようですが、思い出したくない訳でもなかったようです。格好が一寸突っ張ってた人は大勢いたようです》後で、誤りの電話をかけたときに、その方のお父様に叱られました。 『何処か行きたい所ありますか?』と言われたときに目的地途中で美術館があり、その方が、『行ってみた事が無いので寄りたい』と言われ、寄りました。そこで、木彫りの武士が飾って会ったのですが、その方が『豊臣秀吉』だと自信を持って言われたのに対して、白黒はっきり付けたい私は、『違うのでは?』と控えめに何度も言った後に、説明をしていた私設美術館の奥様に聞いてしまいました。そこの奥さんは解り易く説明をして下さった後に、『未だ未だ奥にあります。全部見終わった後に、お茶をご用意しますので《無料。好意》ぜひともお寄り下さい』と言って下さいました。意気消沈した相手は、足早に見終えた後に、『先に車に行っているから』と言って、玄関を出、私は、折角言って下さったのだからと、一人お茶を頂きに行ったのですが・・・・・。話し上手な奥様は、呼吸を合わせないと、こちら側から切り出せないタイプで。結局、会話に句読点の『丸』が付いたときに、御礼とお暇(いとま)のご挨拶をして帰ってきました。その間10分。私は、これが決定的な打撃になったのではと思います。 しかし、私は未だにどうしたら良かったのか解りません。こういう場合、どうしたら良かったのですか? 外向的な私は、接待には向いているようですが、家にじっとしているのは苦手です。出歩かなくても家に仕事が舞い込む家業と考えるか、仕事が来るまで出かけるのを控える待機方家業。それも笑顔で取れる仕事ではなく、人の不幸が舞い込むのをじっと待つ仕事。私には向いてないと解っていて、受けたお見合いです。 偏に『義理』で両親が断れなかったお見合いです。向こうもそうなのでしょう。 厳しいお家のようで、自由奔放に生きてきた私は初回に断られて良かったな、と正直思いました。 しかし、たかがそれ位でという思いも湧き上がってきます。何で相手の父親に・・
続き
---

結婚の報告の例文密接なきずなの真性 結婚相談所親しいきずなの本真

詳しくはこちらをクリック
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
幸せな結婚は幸せな出逢いからはじまるんだと思う

inserted by FC2 system